何年ファイルを保存できるの?

 「皆さまが SkyCabnet の利用料をお支払いしていただいている間は、半永久的にファイルを保管したい。」これが弊社の願いです。

 といいますのは、私たちは凄いチャンスに恵まれた時代を生きているからです。
 皆さまの家には、四代前のご先祖さまのお写真などは在りますでしょうか。
 ご先祖さまが、よほど有名な方でない限りは、当時の写真は高額だったこともあり、存在していないのではないでしょうか。

 ところが現在では情報のデジタル化により、現在の様子を何世紀もの子孫の皆さまに、画像や動画で生き生きと伝えることができるのです。これは、人類史上初めてのことです。

 youtubeや無料のファイル保管サービスが存在していることでも分かる通り、情報を保管するコストは年々下がっています。
 そのために、情報の集合体であるファイルは、現在の様子を伝える貴重な資料になるとの考えから、未来には「政府が無料で保管する」ようになる可能性もあります。

 ただ現在は情報のデジタル化というチャンスが到来したにもかかわらず、皆さまの意識が低いことから、パソコンやスマホが壊れたり、買い替えたりする際にファイルを消失させてしまうことが多いのです。
 
 無料のファイル保管サービスとは異なり、有料のところは、お客様の手前やその責務からサービスを止めることはできません。
 ですから、弊社ではデジタルアーカイブズの一環として、SkyCabnet にファイルを保管して欲しいのです。
 
 SkyCabnet を利用し続けると、保管しているデータ量が増えて、利用料金が増えると考えられ勝ちですが、ハードディスクの性能の向上により、この20年で保存容量当たりの単価は1/50万になっています。
 このことは、保管するファイルの容量が増えても、サーバーの利用料金の低下と相殺されて、金額が変わらずに利用出来ることを表しています。
 物価上昇分を考えますと、年々利用料が下がっていると感じられるかもしれません。
 
 このような背景や弊社の責務として、「SkyCabnet にお預かりしたデータを半永久的に管理したい」と、考えるのです。

このページの先頭へ