「SkyCabinet Ver.1.0.150」のお知らせ

SkyCabinetはVer.1.0.150にバージョンアップしました。

新機能紹介

画像ファイルの閲覧が簡単になりました

本の中に作成したフォルダに画像を取り込んだ時に、フォルダを選択すると、中のファイルを一覧で確認出来る機能を追加しました。
まとめて画像を閲覧出来るため、探している画像を見つけやすくなりました。

nfi_sk_100150_001 nfi_sk_100150_002
  1. フォルダを選択すると、フォルダ内のファイルを一覧表示します。
  1. 一覧表示された写真をクリックすると、クリックした写真を拡大表示します。

ファイルのメモ書き機能を追加しました

SkyCabinetに取り込んだファイルに、メモを登録する機能を追加しました。
写真の記録と共に、文字でも記録を残すことが出来ます。

nfi_sk_100150_003 nfi_sk_100150_004
  1. 「編集」ボタンからメモを入力します。
  1. 入力した内容は、画像プレビューの上部に表示します。

SkyCabinetの容量を有効に活用する機能を設けました

画像ファイルをSkyCabinetにアップロードする際に、ファイルサイズや画質を設定して取り込む機能を追加しました。
部屋の「環境設定」ボタンから「ファイルの書庫の設定」を選択して設定してください。
これにより、「ファイルの書庫」の容量を節約できます。
nfi_sk_100150_005
※容量節約のポイント
最近のデジタルカメラはメガピクセルになり、1画像当たりのファイルサイズが増大しています。
もし、原寸大で印刷することをせずに、ディスプレイで楽しむだけなら、表示するディスプレイの解像度に合わせたサイズにファイルを変換してアップロードすることをお薦めします。
(1280×800のディスプレイなら、必要な画素数は100万画素程になり、0.3MB程のファイルサイズになります。)
※EXIF情報について
デジタルカメラで撮影した写真ファイルは、カメラに内蔵された撮影日時や、カメラの機種などの情報(EXIF情報)を記録しています。サイズの変更や画質の調整等を行うと、EXIF情報は通常消えてしまいますが、SkyCabinetでは「JPEGファイルのEXIF情報を継承する」チェックを入れることで、EXIF情報を残せます。

ヘルプボタンを追加しました

「ファイルの書庫」の各画面の右上に「ヘルプ」ボタンを追加しました。ボタンを押すと、画面毎のマニュアルを表示します。 nfi_sk_100150_006

SkyCabinetログインはこちら

このページの先頭へ